www.skicove.net

.

.


思いつきもせず起こるのが交通事故です。その場面でどのように作業したことで保険金の支払いも全く異なることもありますので間違えない判断力と対応力が大切です。思いつきもしないハプニングにあって冷静さを失ってしまえば重要な場面を見失ってしまい、それからかなり大きな損を負わされる状況もあるので交通事故に巻き込まれた時には冷静に次に述べる対処をしましょう。自動車事故に遭遇した状況で最初にする事は負傷した人がいるかどうかの確認です。後は気が動転するあまり呆然としてしまう場面がありなかなか行動を起こせないのが通常です。その場合、怪我人がいた場合には危険じゃないところへ運んでから応急な手当を施し、救急車を呼ぶ等して救助最優先に努めることが大事です。救急車を呼ぶ場合にははっきりと現場を連絡して、不確かな状態では分かり易い建造物や町名を連絡して事故現場の住所が判断できるようにします。次に110番に連絡して事故が発生したことさらに簡単な状況を知らせます。救急車と警察を待つ間に怪我人の身元を調べます。名前、免許証、車のプレート事故の相手側の自動車保険の会社名というそれぞれの情報を教えあいます。その時事故相手に違反があった場合には、すぐにやりくりしようとする場面が考えれますがその場所で片付けるのではなくどの時であっても警察署や自動車保険会社に届け出て、ジャッジしてもらうようにしましょう。互いの身元を教えあったら交通の邪魔にならないように障害となる物を道路の上から排除します。仮に障害となった物が他の交通の障害となっている状況なら情報交換をするより優先してこの作業をしても問題ありません。自分自身の掛金を支払っている自動車の保険会社に連絡して、車での事故が起こった事を届け出ます。自動車事故から一定の時間内に自動車の保険会社に知らせておかないと、車での事故の保険の適用除外となる場合も考えられるので早く行うことが必要です。可能であれば事故の現場の様子として、カメラや携帯などで事故や車の破損の様子の写真を撮ります。この証拠写真は過失のパーセンテージ決める時に証拠とできますので自分自身の乗用車や相手の愛車の故障個所を正確に写真に残しておくことが重要です。この状況で近くに人がいれば警察の人や保険屋さん着くまでその場所にそのまま待機してもらうように頼むのも必要です。