www.skicove.net

.

.


自動車事故があった時、あなたが自動車事故の被害者であっても、先方が間違いを全く受け入れないという事例はかなり多く存在します。例として、わざと起こしたかったのではなく注意が足りなくて車を追突された際にこうした言い合いにうつってしまうケースがありそうです。そうであっても現場で物損と対応され後で体の痛みが出てから病院の医師に作成してもらった診断書警察署に出すというのは対応が遅くなる感は仕方がなくなってしまいます。それなら、事故の過失割合の決定にはどういう認定基準が決まっているのでしょうか?しっかりと申しますと、警察署が結論付けるのは主として自動車での事故の大きな手落ちがあるのは関係したドライバーのどちらかという事であって、どちらに何割過失があるのかということではないのです。さらに、最終的に明確にされた事故責任者が警察署から教えられる事は場面は有り得ないです。このため、過失割合は事故に関わった人たちの話し合いにより決定されこれが賠償の算定の根拠になる訳です。この時、当事者同士が自動車任意保険に入っていなかった時には双方が直接交渉をせざるを得ません。しかしながら、当然の事ですがそういった協議では、感情的なやり合いになる場合が多くなります。主張が食い違えばまかり間違うと、裁判にまでもつれ込みますが、これでは時間と裁判費用膨大な損害は避けられません。そんな分けで普通は互いの人に付随する自動車の保険屋さん、この各々の自動車の保険の会社に交渉を任せる手法を活用して、ちょうどよいどちらに何割過失があるのかを落ち着いて結論付けさせるのです。その場合には、自動車の保険会社は、それまでに起こった車での事故の裁判が行われ、出た判定から決められた認定基準、判断例などを参考に、予想と交渉を活用して過失割合を計算します。と言っても、車での事故のケースでは不幸にも関わってしまったのか原因となってしまったのかを考える前に、まず警察に連絡するのがルールです。その上で、保険屋さんにやり取りして、以後の対応をお願いするのが順番になります。状況に応じた手続きさえ把握していればそれぞれの堂々めぐりの協議となる場合を未然に防止できるに違いないのです。