www.skicove.net

.

.


自動車の事故は、事故と他者に迷惑をかけた自動車事故があります。自身だけの事故の時には自分だけで処理をしてしまえば完了しますが、他者が巻き添えになった自動車での事故は各々にどのような不注意が存在したのかを分析しその結果によって乗用車の修理の費用や和解のお金が決められるので自動車保険会社の担当の人にも参加してもらいやり取りが必要不可欠です。多くの自動車での事故状況で、それぞれになんらかの責任がある状況が普通でどちらか一方だけのミスであるという場合は多くありません。当然の事ですが赤信号で進んでしまった、一時停止で止まらなかったなどの交通違反によって起きた事故はかなり重大な間違いになりますが、被害者にも責任があると言われます。車での事故の際には誰の責任が原因で起こったかという決着が物凄く大切になってくるので、その判断を数値で示したのが「過失割合」(過失割合)です。一例として、上記の赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかった場面であれば交通法の上では相手の人が全ての間違いがあると考えられますが、その状況で事故の原因になった車が前の方から来ていて目で見て確かめられる状態だとすると被害者だったとしても注意不足があるとして1割ほどの責任が認定される可能性もあります。この場合では事故を起こした方が9割自分が1割割合と判断されミスが大きい方に大きな過失が問われたりします。事故の割合事故の判例をものさしとして結論付けられる状況が大いにあり日弁連の交通事故相談センターから明らかにされている基準のようなものがものさしとして使われています。このような過失の割り当てが高ければ高いほど過失つまり賠償すべき金額も大きくなるので、事故後の交渉は事故に関わった人だけでなく車の保険の担当を交えてきちんと相談する事が大切です。