再就職などで営業にいくと・・・

再就職先として営業職を選んだ場合、そこではどのような研修が行われるのでしょうか?
営業はその会社の顔とでもいうような存在であり、一人でも態度の悪い営業マンがいれば、たちどころに会社のイメージは下がってしまいます。そのため、相手にとって失礼のないような態度を取れるように教育する必要があり、一般常識や社会常識、言葉遣いや立ち振る舞いなどの指導がメインとなることでしょう。
服装や身だしなみも重要ですから、接客業の研修と通じるものがあるのかもしれませんね。
営業は気合さえあればノルマを達成できそうなイメージですが、そんなことはありません。上記にあげたようなことがちゃんとでき、なおかつ売り込む商品を上手にアピールできてこそ達成できるものなのです。

営業研修を受ける

営業研修を受けることは、営業職に初めて就く人もいれば、営業経験がある人がステップアップするために行われることもあります。また、社内研修で先輩社員や上司がマナー、テクニックを伝授するだけではなく、営業研修専門の企業や学校に依頼をして、効率的な研修と効果を期待するケースもあります。
営業研修の基本は、何よりもお客様に心を開いてもらえるような技術を身につけることです。相手に好印象を持ってもらうこと、受け入れてもらうことが営業の第一歩です。行動力も欠かせませんが、積極的な行動が苦手な人には難しい課題になります。営業は、人が相手ですから、人との関わりの苦手な人にも研修では辛い内容もありますが、本当に自分が営業という仕事をするのであれば、苦手を克服する気合も必要です。
何事も苦手意識を持っていては上手くいきません。前向きな気持ちで研修に参加しましょう。